博物館支援ボランティアによる
かかみがはら航空宇宙科学博物館の展示機紹介

上から固定翼機、回転翼機(ヘリコプター) それぞれ年代順に並べてみました。

# とりあえず、細かい説明は追々やっていきますということでご勘弁を・・・ (^_^;;


固定翼機
ハンス・グラーデ単葉機

ドイツのグラーデ社が設計・製作した飛行機で、日本陸軍が
購入して1910年(明治43年)12月に日野熊蔵大尉の操縦に
よって日本で初めての動力飛行に成功しました。
(公式には徳川好敏大尉のアンリ・ファルマン機が日本初と
 されていますが、実際には本機のほうが先だったそうです)
展示の機体は忠実に復元されたレプリカです。
乙式一型偵察機(サルムソン2A2)

1922年(大正11年)に各務原で初めて作られた飛行機で、
フランスのサルムソン社の2A2型機をライセンス国産した
偵察機です。
ウェルカム・ハウスに展示されている機体はレプリカですが、
館内には、日本に唯一現存するオリジナルの前部胴体も
展示されています。
川崎 KAL-1 連絡機

第2次大戦の敗戦による航空禁止7年間の空白を乗り越えて
日本の航空技術の再スタートという希望のもと、
1953年(昭和28年)に各務原で戦後初めて設計・製造された
記念すべき国産機
です。
戦後の国産機としては初の引込脚・全金属製の本格的な
飛行機として、2機が製作されました。
展示の機体は川崎の社用機として使用された2号機です。
川崎 KAT-1 練習機

KAL-1連絡機に続いて1954年(昭和29年)、
各務原で作られたレシプロエンジン練習機です。
戦後の米軍機ライセンス生産を経験する前の、終戦までの
日本航空技術の面影を残している貴重な飛行機です。
展示のJA3084は、2機製造されたうちの1号機です。
ロッキード/川崎 T−33A改 練習機

1956年(昭和31年)、戦後日本で初めてライセンス国産された
ジェット機。(設計は米国ロッキード社)
航空自衛隊の練習機として使用されました。
展示の#221号機は、それまでのノックダウン生産から
初めて日本で単一部品から組み立てられた機体であり、
岐阜基地・航空自衛隊飛行開発実験団で使用され、
T-33A「改」と呼ばれていた特別仕様機です。
サーブ サフィール91B改・X1G 高揚力研究機

防衛庁技術研究本部が1956年(昭和31年)から各種の
高揚力装置の実験に使用した飛行機です。
本機は戦後日本の研究・実験機の第一号であり、
戦後国産開発機の始祖ともいえ、実は一番重要な機体です。
本機はサーブ・サフィール91Bの量産1号機でもあり、
更には日本国内のサフィール機は唯一この1機のみです。
富士 T-1練習機

1957年(昭和32年)、戦後、日本人が初めて設計・製造した
国産ジェット機です。
館内実機展示場の#810号機は航空自衛隊岐阜基地の
飛行開発実験団で様々な飛行実験に使用されていた
特別仕様機で、操縦席の計器配置やフラップなどが
通常のT-1と異なっています。

もう1機、収蔵庫に分解保管されている#801号機は、
T-1の試作1号機であり、戦後国産ジェット機の第1号という
記念すべき機体です。
注: T-1 #801号機は常設展示ではありませんが、
   年に数回催される収蔵庫公開日に見学できます。
   収蔵庫公開日については、博物館側に
   お問い合わせください。
富士 KM-2 練習機

1958年(昭和33)に試作機が初飛行、1962年(昭和37)に
海上自衛隊の初等練習機として採用されました。
注: 本機は常設展示ではありませんが、
   年に数回催される収蔵庫公開日に見学できます。
   収蔵庫公開日については、博物館側に
   お問い合わせください。
ロッキード/三菱 F-104J 要撃戦闘機

1962年(昭和37年)から航空自衛隊に配備された、
我が国初の超音速ジェット戦闘機です。
本機のライセンス生産は、戦後の日本の航空機製造技術に
大きな影響を与えました。
この#515号機は国内各地に現存/展示されているF-104Jの
中でも最高レベルのコンディションを保つ、自慢の機体です。
日本航空機製造 YS-11A-500R型

1962年(昭和37年)に初飛行した、戦後初の国産旅客機。
展示のJA8731は、YS-11の生まれ故郷の中京圏にあって
唯一のYS-11です。
新明和 UF-XS実験飛行艇

1962年(昭和37年)、後の国産PS-1/US-1飛行艇開発の
データを収集するために、
米国から供与されたグラマンSA-16飛行艇を大改造して
1機だけ作られた、実験飛行艇です。
サフィール91B改・X1G高揚力研究機で得られた成果を
反映した高揚力装置を備えています。
日大/伊藤忠 N-62

1964年(昭和39年)に試作機が初飛行した国産の軽飛行機
ですが、価格面で外国機に勝てず、計6機で製造打ち切りと
なってしまった悲劇の飛行機です。
展示のJA3251は唯一現存している量産1号機です。
川崎 P−2J対潜哨戒機

ロッキードP2V-7をベースにして日本独自に改良開発した
対潜哨戒機で、1966年(昭和41年)に初飛行しました。
完全な機体として現存するP-2Jは、本州にはこの#4782号機
ただ1機のみです。
(あとは鹿児島県の海上自衛隊鹿屋基地に2機現存)
富士 FA-200改・短距離離着陸実験機

航空宇宙技術研究所が国産の軽飛行機FA-200を改造し、
1966年(昭和41年)から短距離離着陸の実験に使用した機体。
本機による研究成果は、後に「飛鳥」へと繋がっていきます。
※ ちなみにFA-200の初飛行は1965年(昭和40年)です。
三菱 T-2高等練習機

1971年(昭和46年)に初飛行した航空自衛隊の高等練習機。
日本で設計・製造された初の国産超音速ジェット機です。
当博物館に展示されている#173号機は、航空自衛隊の
アクロバット・チーム”ブルーインパルス”で使用されていた
機体です。
新明和 US-1A救難飛行艇

日本が世界に誇る、海上自衛隊の水陸両用救難飛行艇です。
PS-1対潜哨戒飛行艇をベースに、救難用装備と陸上離着陸
能力を付加したもので、1974年(昭和49年)に初飛行しました。
展示の#9078号機は1983年に製造された第8号機で、1995年
まで山口県の岩国基地を拠点に救難活動に従事しました。
富士 T-3 初等練習機

海上自衛隊のKM-2練習機をベースに、航空自衛隊の要求に
合わせて操縦席をタンデム(縦列)複座にした初等練習機。
1974年(昭和49)に原型機が初飛行、1978年(昭和53)に
航空自衛隊の練習機として正式採用されました。
展示の#547号機は静浜基地の第11飛行教育団をへて、
岐阜基地の飛行開発実験団で使用された機体です。
三菱 T-2 CCV研究機

CCV(Control Configration Veacle)とは、
航空機の安定性をコンピュータ制御により人工的に作り出す
ことによって機体設計時の制約を少なくするとともに、機体の
運動性を向上させることが可能となります。
T-2 CCV研究機はT-2高等練習機の試作3号機を改造した
機体で、1978年より防衛庁技術研究本部において開発が
進められ、1983年に初飛行しました。
本機により収集されたデータは、のちのF-2支援戦闘機の
開発に活かされました。
低騒音短距離離着陸(STOL)実験機 「飛鳥」

戦後の短距離離着陸研究の集大成として、C-1輸送機を
ベースに、国産初のターボ・ファン・エンジンFJR710を搭載して
作られた実験機で、初の純国産大型ジェット機でもあります。
1985年(昭和60年)に初飛行しました。
日本初のUSBフラップ高揚力装置をはじめ、操縦系統の
フライ・バイ・ワイヤ技術など多くの新技術がテストされ、後の
航空機開発のための多くの貴重な研究データを残しました。
「飛鳥」の詳細は開発/飛行実験に携わった方々の回想記
『STOL実験機「飛鳥」関係者が綴る20年目の思い』
ご覧ください(当Webの掲載にあたり編集人の許可取得済)。
 
回転翼機
川崎ベル式47G3B-KH4

アメリカ・ベル社のモデル47Gヘリコプターを原型にして、
日本で独自の改造を施し開発した初めての実用ヘリコプター。
1962年(昭和37年)に初飛行しました。
純粋な国産機ではないものの、本機の開発により、
ライセンス生産では得られない ヘリコプター設計の経験を
積むことができました。 農薬散布や報道取材など幅広く
使われ、日本のヘリコプター黄金時代を築き上げた名機です。
川崎バートル KV-107II

米国バートル社のモデル107型をライセンス国産したもので
国産初号機は 1962年(昭和37年)に初飛行しました。
陸海空3自衛隊に採用された他に、警視庁や民間でも
幅広く使用され、タイ、サウジアラビア、スウェーデンなど
海外にも輸出されました。
展示の51804号機は陸上自衛隊”沖縄仕様”機です。
川崎 KHR-1実験ヘリコプター

1968年(昭和43年)、KH4をベースにして日本独自開発の
リジッド・ロータ・システムを搭載して実証実験を行った
ヘリコプターです。
日本のヘリコプター開発能力を 初めて世界に認めさせた
機体であり、このヘリコプターの存在がなければ 後の
BK-117もOH-1もなかったといわれます。
展示の機体は2000年に当博物館の工房で復元されました。
川崎/ヒューズ OH-6J

陸上自衛隊の小型観測ヘリコプター。
米国ヒューズ社のモデル369型をライセンス国産したもので、
1969年(昭和44年)に国産初号機が納入されました。
展示の31081号機は、操縦装置と連動して模型ヘリコプターが
動く、操縦体験シミュレーターに改造されています。
川崎式 BK117P5

BK117は日本の川崎重工がドイツMBB社と共同開発した
ヘリコプターで、1979年(昭和54年)に初飛行しました。
展示の赤い色の機体(JQ0003)は、BK117P5と呼ばれた
実験用機で、コミュータヘリコプター先進技術研究所にて
GPS(Global Positioning System:全地球測位システム)と
フライ・バイ・ワイヤ方式操縦システムを発展・融合した
次世代飛行制御システム(パイロットの操縦負担を大幅に
軽減する技術)の研究開発に使用されました。
OH-6J複合材ローター・システム実験機

OH-6J に日本で独自開発した複合材ローター・システムを
搭載し、1990年から1992年にかけて飛行試験を行なった
機体です。
本機の成果が、その後の純国産観測ヘリコプター・OH-1の
開発に生かされました。
川崎 XOH-1観測ヘリコプター(モックアップ)

純国産観測ヘリコプター・OH-1の開発時に、実機製作前の
様々な検討のために作られた、実物大の木製模型
(モックアップ)です。
現在の航空機設計ではコンピュータ3次元CADによる設計が
主流になっているため、
全機モックアップとして製作されたものとしては、
おそらくこれが日本で最後のものになると思われます。
 
その他
航技研 垂直離着陸実験機 VTOL−FTB

1970年(昭和45年)12月に飛行に成功した、
我が国唯一の垂直離着陸実験機です。
展示の機体はレプリカではなく、実際に飛行した本物です。
 
グライダー
   ・・・工事中。

2008/5/26:新規作成
2008/8/30:一部修正
2008/11/8:T-3追加他
2013/4/18:N-62見直し
2015/7/1:KAL-1とT-2 CCVを追加

こやまの航空宇宙博物館雑記帳 あなたは
番目のお客様です。